サクラを必要としている出会い系サイトの制度

?出会い系サイトではサクラはいて当然ということも言えるのです。サクラはその目的によってどれだけ悪質かということガ違ってきます。 でも、サクラ自体はもちろん男性にとってはどんな目的にしても迷惑な話ですね。でも、引っ掛かる方にも落ち度があるのです。 少なくともネットの社会では自己責任なのです。そういう意味では誰も同情してくれないということなのです。厳しいようですが、ネット社会ではどんなことも自分で守るということが責任とされています。 ですから、中高年出会いのサイトを利用するときでも、サクラにはじゅうぶん注意が必要になります。サクラも最近では手口が男性にも行き届いているので、騙しの手口もどんどんレベルアップしているという感じです。 例えば4通の女性からのメールが来たとします。その中で3通はいかにもサクラという感じのメールだったとします。でも1通だけは、まったくサクラぽさのないメールだったとします。 男性はやっぱりサクラメールは簡単に分かるなと思いますよね。そして、1通のまともなメールが安心メールに感じてしまいます。 でも実はそれこそがサクラメールということもあるのです。いかにもサクラというメールを送らないということもサクラの手としては今多くなっているようです。 男性が冷静にメールを見るようになってくると、今度はサクラの方がそれに会わせた手を考えてくるというイタチごっこという感じもありますね。 ただ、変わらないのは、男性が飛び付くような言葉を使っている、援助や水商売というエッチができるふうを装う、芸能関係やモデルなどと言って美しさを思わせるという手は、いつでも使われるようです。

ターゲットは誰だ

  まず、サイトの名前から考えてみましょう。もちろんこれだけで、良いサイトを見つける事は難しいのです。でも、絶対悪質だと思われるサイトは見えてきます。 サイトの判断は一つの方法では無理なのです。その方法も完全にサイトが分かるということはないのです。分かるのはせめて80%あればいい方でしょう。 だからこそ、いろいろな方法を重ねて考えると100%に近い判断ができるのです。 サイト名の場合、名前を付けるときのサイト側の気持ちを考えてみましょう。名前は第一印象ということで最初目に触れるものです。 そこに自分のサイトのセールスを伝えたいのが当然です。つまり名前にはそういうエキスが入っているのです。 その名前を聞いたときに何を連想するかということです。それがサイトが伝えたいことです。例えばとてもエッチができるサイトだということを連想させるようなサイトだったら、ターゲットは男性なんです。 このターゲットがサイトの運営を物語っているわけです。男性をターゲットにしているということは、男性会員を狙っています。つまり女性より男性を多く登録させるようにということが見えてきます。 こういうサイトは女性が少ないサイトということですので悪質だと言えるのです。

昔の思い出に恋した日

先日、子どもの学校へ様子を見に行く機会がありました。たくさんの保護者の中に、知った顔を見つけたのです。彼女は、自分が学生の頃人知れず心寄せていた女性でした。あの頃と変わりなく、色白で小さい体に長い髪、コロコロと音がするかのようによく笑う素敵なお母さんになっていました。

こういう時に、男の方から声をかけるのは失礼かと思い話しかけることなく通り過ぎるつもりでいました。すると、彼女の方から声をかけてくれたのです。自分のことを覚えていてくれたことが、こんなにも嬉しいとは思いもしませんでした。

聞くと彼女は、旦那の転勤であちこち渡り歩いていたのだとか、子どもが進学すると転校ばかりさせるのがかわいそうになり、地元に家を買って落ち着くことにしたのだとか。

お互いに結婚して配偶者のある身で、再会したからといってどうなることもないのですが、どうしても、自分が昔思いを寄せていたことを伝えたいと思いました。そんなことは実際出来るはずもなく、ただ昔話をしていました。

その日は小一時間の参観だったので少しの間しか話せなかったけれど、空いていた時間があっという間に埋まった気がしたんです。あれから、自分の想像の中で彼女と付き合ってます。嫁さんには内緒です、妄想なのだから内緒にもなりませんが。ここだけの話にしておきます。